アビガン投与 厚労省はコロナウイルスの蔓延を封じ込めれる?

アビガンは新型コロナウイルスにも効果があるのではないか?
と巷で騒がれている「アビガン」が厚生省の発表で2つの医療機関で試験投与を開始したと発表がありました。

RNAウイルスの繁殖を抑える事が出来る薬が「アビガン」
開発は富士薬品(富士フィルム)の白木副会長が開発した薬。
エボラ出血熱・ノロウイルス・ロタウイルス・HIVウイルスにも効果が確認されています。

凄い万能薬だと思いませんか?
厚生省は、この薬だ!と即座に思わなかったのが不思議。
厚労省はアビガンでコロナウイルスの蔓延を封じ込めることが出来たらいいのに。



政府がやっと使い始めた「アビガン」を学べる動画。
抗インフルエンザ薬の効き目の根拠も理解することができます。

・ノイラミニダーゼ阻害薬
・ポリメラーゼ阻害薬

2種類の抗インフルエンザ薬の内、どちらがアビガンが分からない方は是非見るべきだと思います!
アビガンの正式名称は「ファビピラビル」だそうです。

因みに、私もこの動画で初めて知りました。