教科書 捨て方

教科書は新生活と共に処分を決める方が多いですが、
「捨て方」を気を付けないと意外と危険な事もあります。

教科書の処分時に気を付けたい事は「個人情報」です。
特に「小・中学」の教科書は多くの場合に名前書いていますよね?
これを「古紙・古布」の回収日にゴミとして出すと、個人情報を抜き取られる恐れがあります。

地域も絞れていて、名前や家族構成まで調べると分かってしまうので
被害も少しづつ増えてきていると聞きます。

じゃぁ「教科書どうやって捨てるの?」
ですが、

・産廃業者に持ちこむ(個人情報の処理はする)
・名前部分をマジックで塗りつぶす、細かく切る
・教科書に書き込みがあっても買取してくれる業者に依頼する

こんな方法がありました。
小中学の教科書は名前などの個人情報をしっかり処理してから捨てる。
専門・大学・大学院の教科書は、予想外の高価買取の対象かもしれません。
郵送するだけの買取サービスの査定を検討するのも良いかもしれませんね。



因みに、ダンボールを用意して郵送すれば査定額アップのキャンペーン中だそうです。